いただきます危険物取扱者乙4資格

危険物取扱者乙種第4類資格試験に合格するための勉強方法、役立つ参考書・問題集を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乙4に合格してから大事なこと

問題集中心勉強の副作用

危険物取扱者資格試験の合格ラインは試験科目ごとの
正解率が60%以上です。

完璧な勉強をしなくても良いのですから、
合格ラインを通過するだけを目指した勉強方法は、
その代償として、危険物取扱者でありながら、
知らないことも多い有資格者になってしまう副作用があります。

時間が無くて合格さえすれば良いと思うなら決断しましょう。

問題集中心の勉強方法は、試験には受かるが知識が浅く
なってしまうのが悩みですね。

本来は時間をかけて、じっくりとテキストを読んで
勉強するのが、自分の知識を向上させることになるのですが。

そんな時間の余裕なんて社会人にはありません。

学生だって、やりたいことが一杯あるでしょう。

危険物取扱者乙4類資格試験に受かったからって、
全てを知ってる人は少ないでしょうね。

要は、受かった後に乙4を必要とする仕事に就く場合は、
きちんと復習すれば良いのです。

だって、危険物を取り扱うのに、
その特性を知らなかったら大変なことになりますから

短期間の勉強で深く理解するのは難しいですね。


PageTop

乙4の合格ライン

合格ラインは正解率60%以上


危険物取扱者資格試験の合格ラインは試験科目ごとの
正解率が60%以上です。


危険物に関する法令 15問中9問正解
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10問中6問正解
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問中6問正解

ならば良いのです。

試験日までに残された時間と相談しながら、
どこに力を入れるか見極めていきましょう。


危険物取扱者乙4類資格試験は、
10問中3問も間違えていいんです。

なんだか楽になりません?

そうでもないですか?

でも油断が大敵です。


しっかりと準備すれば大丈夫です。




PageTop

切捨てる

切捨ての決断


危険物取扱者乙4類資格の勉強を進めていて、
どうしても何度やっても解けなかったり、
正解を忘れてしまう問題が出てくるかもしれません。

そんな時は、思い切って捨ててしまいます。
時間があれば、じっくりと繰り返せば良いのですが、
試験ギリギリで焦っているなら、捨ててしまいましょう。


危険物取扱者乙4類資格試験では
満点を取る必要は無いのです。


合格点以上ならいいんです。


しっかりと点数を取れるところで稼げばいいんです。


時間が限られているなら、捨てることも必要です。
捨てすぎると危険なので、選別は大事ですが。
仕事柄、今後も関わる可能性の低い分野の出題は、
思い切って捨ててしまえば楽になります。

問題集を解いていくうちにバランスが分かってくると
思います。最初は分かりませんでしたが。


学生時代の期末試験などでは山を張ることがありましたが、
資格試験には山を張ることは通用しません。
入学試験と同じようなものですから。
入学試験でも苦手分野は切り捨てた方も多いと思います。
それと同じですね。


限られた時間を大事に使いましょう。


それに、勉強ばかりしていたら気が滅入ってしまいますし。

楽して危険物取扱者乙4類に合格できるとは思いませんが、
あまり苦しい思いをするのは嫌ですからね。

少しは手を抜くのも必要かと。




PageTop

自分の実力を知ろう

自分の勉強のペースを早期把握


危険物取扱者乙4類試験に確実に合格するためには、
早めに過去問題集を購入して、どんなレベルなのかを把握して、
勉強のペースを決めれば良いでしょう。

自分の実力を知らずして対策はできませんし。


試験の半月前に初めて本を開いて焦るよりは、
早めに買って、一通り目を通して本棚において置けば、
勉強の計画が立て易いでしょう。

これくらいだったら半月前からでいいやとか。


勉強時間の配分ですが、1日・週に何時間という目標でやるよりも、
試験日までに問題集を何回繰り返すかという目標を決めてから、
時間配分をした方が良いのです。

時間のノルマではなく、量のノルマを科すのです。
その方が、質の良い試験勉強ができますから。

そのためには問題集の早期購入、1度目の勉強を早めに行なう
ことが大事です。計画的な勉強が可能になります。


初めの一歩が、合否を左右すると言っても過言ではないです。


一歩を踏み出してしまえば、あとは成り行きで進むものです。

危険物取扱者乙4類資格に合格するために、
早めのスタートが肝心です。


油断が最大の敵です。

頑張りましょう。

PageTop

過去問題を繰り返そう

乙4は過去問題の繰り返しが重要

危険物取扱者乙4類資格試験の対策は、
過去問題中心の勉強で充分と言ってますが、
問題集を解くのは1回だけではダメです。

最低でも2回はやりましょう。
そして2回目で正解できない問題は、
もう1回、じっくりと覚えましょう。

問題集には模擬試験も付いているので、
それで実力を計ってみましょう。
採点して結果が怪しいようなら、もう1回繰り返して
問題集を解いて、さらに模擬試験を解いてみましょう。

万全を期するなら、これくらいは、やらないとダメです。

問題集は繰り返せば繰り返すほど、得点力がアップします。
試験のポイントも分かってきます。
3回、4回と繰り返せれば最高ですね。時間があればですが。

私は1ヶ月前から勉強を開始しましたが、理想は2ヶ月前ですね。
2ヶ月前だったら、余裕で深く理解できると思います。
化学分野に理解の深い方は直前勉強で余裕でしょうけど、
乙種に挑戦する方は、知識の無い人が多いと思いますが。

過去問題集を繰り返して読んでいると、
問題のパターンが、徐々に分かっていって確信が持てます。
あとは、時間の許す限り、繰り返して読み続けることです。

頭の回転が早くて優秀な方は、難なく覚えれるでしょうけど、
そうでなければ繰り返すしかないんです。
私は秀才ではないので、繰り返し繰り返しでした。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
::国家資格:危険物取扱者::資格試験:危険物